« 高山ツーリング | トップページ | HMS六回目 »

2007年11月 4日 (日)

竜洋テストコース

スズキワールド主催のハヤブサ&B-King試乗会が、スズキの竜洋テストコースで行われたので参加しました。ちなみに参加費用は8000円でした。

Cimg00751
竜洋テストコース図

試乗はハヤブサ・B-Kingとも先導付で1周を3回と2周を1回の各々5周でした。初めにB-Kingに試乗しコースにも慣れておいてからハヤブサに試乗するという順番にしました。

まずB-Kingですが、シートの前後ポジションが窮屈で、乗車位置が前側になってしまいます。このため膝の位置がタンクの前の幅広いところになるのでちょっと違和感がありました。
エンジンパワーはトルクフルで滑らかで、どこからでもストレスなく加速していき、ST3と比べるとウルトラスムースです。ストレートではあっという間に200kphオーバー。240kphくらいまで出しましたが、風圧がものすごく体が後ろに持っていかれそうでした。
旋回もクイックに倒れこみ、ヘアピンなどではアクセルを開けるとグイグイ曲がっていき、初めて乗っても非常に乗りやすいバイクでした。

Cimg00631
B-Kingの列

Cimg00811
B-King試乗前

続いてハヤブサの試乗。このバイクは前後ポジションは問題ありませんが、ステップ位置が高めというか、ステップに対してシート位置が低いのか、膝の曲がり角がきつく感じられました。エンジンはB-Kingと同様にウルトラスムースで、高級車に乗っているような感じです。倒しこみや旋回はB-Kingに比べ安定志向ですが、ターンインでの倒しこみもステップ荷重で簡単に倒れこみ、これまた初試乗でも簡単に乗ることができました。
ハヤブサはフルカウルモデルですので、直線で270kphでも風圧でハンドルにしがみつくようなこともなく大変安定していました。昔乗っていたGS750Gで220kph出したときは、ちゃんと止まれるか不安でしたが、技術の進歩はすばらしいものがあります。

Cimg00641
ハヤブサの列

Cimg00901
ハヤブサの試乗前

Riders Clubも取材に来ており、参加メンバー一人一人の写真を撮っていました。11月末発売のRiders Clubでハヤブサ特集をやるそうで、そこで写真を使う予定とのことです。写真が載っていたらRiders Clubを購入しなくては。

Cimg00881
Riders Clubの撮影者

初めて竜洋テストコースを走りましたが、さすがにテストコースだけあって、コース内には荒れた路面やμ変化等、色々な評価ができるようになっていました。バイクも非常に乗りやすく魅力的ですが、ST3から買い換えようとは思いません。(ただ単にお金がないだけだったりして)

Cimg00961
最後に参加者の集合写真

|

« 高山ツーリング | トップページ | HMS六回目 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73014/16989191

この記事へのトラックバック一覧です: 竜洋テストコース:

« 高山ツーリング | トップページ | HMS六回目 »